給料が低い仕事と職業|給料が低くても生活する知恵

MENU

給料が低いとされる仕事と職業は?

現在では企業に勤めて仕事をして、その対価として給料をもらって生活するのが一般的ですが、職業によって収入の額が高い、低いという差が出てくることはよく知られていることです。
ではそうした中で特に給料が低いとされる仕事、職業としてはどういったものがあるのかというと、人材会社が公開している平均年収データを見ると、最も低いとされるのは理容・美容・エステといった美容業界です。
この美容師やエステティシャンといった仕事は若い人が憧れやすい職業ですが、年収の平均は299万円、仮にボーナスが2ヶ月分あったとすると、299万円÷14ヶ月で月収21万円ほどになります。
これは業界内の管理層のように、比較的給料の額が高い人を含めた平均ですから、かなり低いと言わざるを得ないでしょう。
また美容業界ほどではありませんが、百貨店勤務が年収330万円、レストランなど外食産業が348万円、冠婚葬祭業界が354万円と、これらの職業も低い部類に入ります。
実際には「給料が低くとも自分の仕事に誇りを持っている」という人はいるわけですから、年収が高い=幸せであるとはならないのも事実です。
ただ年収ランキングトップの投資顧問や医薬品メーカーといった職業が年収700万円弱となっているのを考えると、やはり収入面での差は大きいと言えるでしょう。

 

 

低い給料でも貯金ができる生活をする方法

低い給料であっても、貯金をして余裕を持った生活をすることはできます。
そのためには、まず自身の収入と支出を正確に把握する必要があります。
収入は、前年の明細などで毎月の給料のうち基本給などの固定分と、残業代などの変動分、賞与の有無などを把握しましょう。
支出は、家賃や携帯代、保険料などの固定費、水道光熱費などの変動費、臨時に使う費用に分けておきます。
次に支出する額を決めますが、これは給料の固定分と同じ程度に設定します。
低い給料なので、固定費のうち本当に必要なもの以外のメリットの乏しいものは削減します。
携帯のプランや生命保険の種類などは費用対効果を確認しましょう。
固定費を引いた残額を変動費に充てますが、この時点で赤字となっている場合は変動費を大きく削減する必要があります。
節電節水はもちろん、食費はまとめ買いをして無駄な出費を抑え、交際費は予算内に収めるようにします。
服飾費や散髪、日用品に関しても、生活に必要な物のみに支出するようにし、不足する場合はいずれかを諦める決断が大切です。
そして余った分を貯金に回しますが、毎月、予め貯金できるであろう金額を差し引き余ったお金でやりくりする癖を付けると、低い給料でも十分な生活ができるようになります。

 

 

転職したい!注意点は?

働いても働いても全然給料が上がらず、転職を考える人はたくさんいますよね。
でも転職する前にきちんとした準備をしないと、フタを開けてみたらもっと低い給料だったなどという話は枚挙にいとまがありません。
そんなことにならないためにも、まず必ず転職先を見つけてから辞表を出しましょう。
こうすることで心に余裕ができ、面接で給料面などの詳細を突っ込んで聞くことができます。
転職するのなら、よっぽど勤務時間や通勤場所などの条件がよくない限り前よりも低い給料は避けたいものですよね。
現在の仕事を続けながら求職をする、というのは時間的にも体力的にも厳しいものがあるかもしれませんが、ここでへこたれてはいけません。
何しろ低いとはいえ、毎月の収入があるのですから、ここはじっくりと腰を据えて次を選ぶべきでしょう。
決して求人募集に載っていた給料が高いからという理由だけで選んではいけません。
ブラック企業では、休日出勤と残業代を当て込んでの支給額を掲載しているのかもしれません。
そういった意味も含めて転職活動は細心の注意を持って行うようにしましょう。
自分の中で最低このくらいはもらいたいという下限と、そのためにはどういった仕事の内容なら受け入られて、どのくらいなら拘束されても良いのか、を具体的に考えてみることも重要です。

 

 

給料が低いと起こる可能性がある問題

給料が低いと、生活にかかわるお金が不足したりして、キャッシングを利用するということもあり得ます。
すぐに返済が完了すればいいのですが、お金を借りるのが癖になってしまって、借金苦に陥ると大変です。
もしそうなってしまったら、借金を何とかする方法が書いてあるウェブサイトが役に立つと思います。